*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

<C#>
Paintイベント引数のPaintEventArgsクラスに情報増設して、それをOnPaint()メソッドへ渡す改善版サンプルNo.2 <フォーム描画版>」のコード No.2


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

.






元のページ


元ページ「<C# > Paintイベント引数のPaintEventArgsクラスに情報増設して、それをOnPaint()メソッドへ渡す改善版サンプルNo.2 <フォーム描画版>」
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n387351

記述量上限の制限で、ページを分けて記述しています。





本ページの次のページ


「Paintイベント引数のPaintEventArgsクラスに情報増設して、それをOnPaint()メソッドへ渡す改善版サンプルNo.2 <フォーム描画版>」のコード No.2
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n389033

記述量上限の制限で、ページを分けて記述しています。















はじめに


元ページの

「<C#> Paintイベント引数のPaintEventArgsクラスに情報増設して、それをOnPaint()メソッドへ渡す改善版サンプルNo.2 <フォーム描画版>」

におけるコードをここに記述します。








Paintイベント引数クラスのソースコード



using System;

using System.Collections.Generic;

using System.Linq;

using System.Text;



// Paintイベント引数のPaintEventArgsクラスに情報増設して、それをOnPaint()メソッドへ渡す改善版サンプルNo.2 <フォーム描画版>

namespace DeliverDataToArgumentOfOnPaint_Measure2F

{

    // ************************

    // Paintイベント引数クラス

    // Paintイベントに渡す引数の型です。

    // 本来の引数クラスPaintEventArgsの派生クラスとして定義します。

    // ************************

    public class MyPaintEventArgs : System.Windows.Forms.PaintEventArgs

    {


        // 図画物タイプ

        // 0: 白紙, 1: 線, 2: 円, 3:文字列 

        public int DrawingType;



        // コンストラクタ

        public MyPaintEventArgs(

            System.Drawing.Graphics graphics,

            System.Drawing.Rectangle clipRect)

                : base(graphics, clipRect)

        {

            DrawingType = 0;

        }



        // コンストラクタ

        public MyPaintEventArgs(

            System.Drawing.Graphics graphics,

            System.Drawing.Rectangle clipRect,

            int Drawing_Type)

                : base(graphics, clipRect)

        {

            DrawingType = Drawing_Type;

        }


    }



}






さいごに


本ページの内容説明については、元ページを参照して下さい。